ネットワーク

世の中で役立つ通信サービス|電話回線の歴史

経費を抑えたい時は

レディ

初めての会社を持つ人はできるだけ物を準備する時に費用を抑えておきたい人もいます。このような人は、レンタルで費用を抑えるとよいでしょう、レンタルは月額の費用を抑えながら使用することができます。

» 詳細へ

重要なアイテム

女性

携帯電話のレンタルサービスについては、専門業者が行っているものとなっています。壊れてしまったりなにかしらの用事があるときに利用をすることが出来ますので、携帯電話のレンタルサービスを有効に利用をしましょう。

» 詳細へ

使用されている回線

電子機器と電波

電話回線は主に3種類に分けられますが、一体どの回線が家庭で使用されているのか疑問に思う人は多いはずです。また、勘違いして覚えている人もいるので、正しい情報を再認識すると良いです。

» 詳細へ

主に3種類

女性

ISDNや光ファイバーなど、一口に電話回線と言ってもその種類は様々です。電話回線をザックリ言うと3種類用意されています。アナログやデジタル、そして光です。まずアナログ回線です。今ではあまり目にする機会はありませんが、数十年前は黒電話が一般的でした。銅線がNTTと家を繋げ、低価格なので使用していた人も多いでしょう。黒電話の普及率が下がったのは、プッシュ式の電話が出始めてからです。電話自体が変わっても、電話回線が変わる事はありませんでした。次にデジタル回線です。アナログ回線の時と同じ銅線を使用する為、特別な工事などは不要です。異なる点と言えば、デジタル信号に変換されるという部分です。音声が0と1に変換され、それが信号として銅線を伝います。今までよりもクリアな音声になるので、このデジタル回線が出てからはアナログ回線から乗り換える人が大勢いました。

最後に光ファイバーです。アナログ回線やデジタル回線は電気を使って音声を届けていたのですが、この場合は光を使います。また、銅線を使用するのではなくガラス線になります。ガラス線を光が伝い、それが音声として聞こえる仕組みになります。光は最速と言われており、電話越しでも遅れる事なく音声のやり取りが可能となるでしょう。光はアナログやデジタルに比べると質が良いので高価格に設定されています。まだ一般的な家庭では使用されていないのですが、近いうちに使用されるでしょう。この電話回線にする事で使い心地に驚くはずです。

Copyright© 2016 世の中で役立つ通信サービス|電話回線の歴史 All Rights Reserved.